お熱いのがお好き/ビリー・ワイルダー

お熱いのがお好き [Blu-ray]

腕のいい職人が手によりをかけた逸品は、時代に風化しないもの。映画作家でいうなら、やっぱりビリー・ワイルダーだ。

芸術家タイプのフェリーニ、ビスコンティ、トリュフォーやゴダールもいいが、時を経てもその面白さを全く失わないのは、彼のような名工タイプの仕事だろう。

基本的に密室劇だった『アパートの鍵貸します』に比べて、『お熱いのがお好き』ではロケを積極的に行い、空間をうまく利用している。

アパートの鍵貸します [Blu-ray]

禁酒法時代のシカゴから端を発し、列車に乗って太陽の燦々と降り注ぐマイアミへ。往年のギャング映画を完全にパロった確信犯的的なノリで、息つく間もなくストーリーは進行する。

ビリー・ワイルダー作品では毎度のことながら、脚本が圧倒的に巧い。『アパートの鍵貸します』では登場人物にフォーカスを当て、微妙な心理描写や小道具の使い方に冴えをみせていたが、「お熱いのがお好き」はそれに加えシチュエーション・コメディーとしてのテイストも加味している。

典型的なドタバタ・アクションを、ソフィスティケートされたタッチでまとめてしまう至芸は、ワイルダーならではだ。

『アパートの鍵貸します』では、悲哀に満ちたサラリーマンをペーソスたっぷりに演じてみせたジャック・レモンだが、彼のコメディアンとしての才能は『お熱いのがお好き』でより十二分に発揮されている。ハイテンションなオカマ芝居はまさに独壇場。

マリリン・モンローはIQ低そうなヴァンプを好演、セクシーといよりはキュートな感じで実によろしい。逆に主役であるはずのトニー・カーティスがあまり目立っていないのが気になるが、コミックの役割はすべてジャック・レモンに預けたんだろう。一応そういう事にしておこう。

マリリン・モンローは可愛いし、ジャック・レモンは面白いし、ビリー・ワイルダーの話術は完璧だし、言うことないだろコレ。おまけに大金持ち役のジョー・E・ブラウンが最後にのたまう有名なセリフ、「Well , Nobody’s perfect.」。

これ聞いた時にはホント、僕はズッコけました。

DATA
  • 原題/Some Like It Hot
  • 製作年/1959年
  • 製作国/アメリカ
  • 上映時間/121分
STAFF
  • 監督/ビリー・ワイルダー
  • 製作/ビリー・ワイルダー
  • 原作/R・ソーレン、M・ローガン
  • 脚本/ビリー・ワイルダー、I. A. L. ダイアモンド
  • 撮影/チャールズ・ラング
  • 音楽/アドルフ・ドイッチェ
  • 美術/テッド・ハワース
  • 編集/アーサー・シュミット
  • 衣装/オーリー・ケリー
CAST
  • マリリン・モンロー
  • トニー・カーティス
  • ジャック・レモン
  • ジョージ・ラフト
  • パット・オブライエン
  • ジョー・E・ブラウン
  • ジョアン・ショーリー
  • ジョージ・E・ストーン

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー