Weekend Shuffle/土岐麻子

WEEKEND SHUFFLE

不況やら何やらで、すっかり庶民の消費活動が冷え込んでしまった昨今ではあるが、’80年代のバブル期はとにかく国民総消費時代。

週末ともなれば愛車で中央フリーウェイをかっ飛ばし、いきつけのバーで甘いカクテルに酔いしれ、船上パーティーでひとときのアバンチュールを楽しんだものである。…まあ僕がオトナになった頃は、バブルはすっかりハジけていて、そんなオイしい経験は皆無ですが。

ウィークエンドというコトバを聞いただけで、心がウキウキ騒ぎだすという時代が確かに存在したのだ。’76年生まれの土岐麻子は世代的には僕とほぼ一緒だが、’80年代の華やいだ空気感は子供ながらに感じていたに違いない。

パステルカラーに彩られたカバー・アルバム『Weekend Shuffle」(2006年)は、YMOの『君に胸キュン。』(1983年)、作詞・作曲を大瀧詠一が手がけたラッツ&スターの『夢で逢えたら』(1996年)、シュガーベイヴの『Down Town』(1975年)、山下達郎の『土曜日の恋人』(1986年)と、当時のシティ・ポップの名曲をコンパイル。

ドライヴ・ミュージックなどという言葉は今や死語だろうが、まさに『Weekend Shuffle』は“使える”ドライヴ・ミュージック・アルバムなんである。

さらにはEarth Wind & Fire『September』(1978年)、Maroon 5『Sunday Morning』(2002年)、大リーグの愛唱歌『Take Me Out To The Ballgame』といった洋モノも、ジャジーかつボッサにリアレンジ。

Cymbalsのリード・シンガーとしてミュージック・シーンに登場した土岐麻子は、渋谷系の文脈で語られることが多い存在だった。しかし、父親がサックス奏者の土岐英史であることも手伝って、ベーシックな音楽的アイデンティティーは、スタンダード・ジャズにある。

『STANDARDS~土岐麻子ジャズを歌う~』(2004年)、「STANDARDS on the sofa~土岐麻子ジャズを歌う~』(2004年)、『STANDARDS gift~土岐麻子ジャズを歌う~』(2005年)など、ジャズ・ヴォーカル・アルバムも過去に3枚リリースしているのだ。

STANDARDS in a sentimental mood ~土岐麻子ジャズを歌う~

30歳を超えて、丸みと柔らかさを増した土岐麻子のヴォーカリゼーションは、バッキングの利いた軽妙なリズム・セクションと、華やかなホーン・セクションと絶妙に絡み合い、都会の煌めきと清涼な空気感を体現している。

『Weekend Shuffle』は’80年代のシティポップの手触りを感じさせる、極めて用意周到な計算が施されたアルバムなのだ。

DATA
  • アーティスト/土岐麻子
  • 発売年/2006年
  • レーベル/LD&K
PLAY LIST
  1. 君に胸キュン。
  2. 夢で逢えたら
  3. Down Town
  4. Take Me Out To The Ballgame
  5. 土曜日の恋人
  6. 夏の思い出
  7. September
  8. Sunday Morning

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー