Vanessa Paradis/Vanessa Paradis

Vanessa Paradis

フレンチ・ロリータを従えてレニー・クラヴィッツが緻密に設計した、’60sガール・ポップ

90年代最強のフレンチ・ロリータといえば、ヴァネッサ・パラディをおいて他にはいない。

『白い婚礼』(1989年)でみせた初々しくも鮮烈なヌード&ネコ科の身のこなしは、世界中の童貞ボーイズを熱狂させた。そしてフレンチ・ロリータとは、エロ・パンク親父セルジュ・ゲンスブールによってアイドル商品化されることと同義である。

パラディもゲンズブールのプロデュースのもと、“悪いことシマショ”的変態アルバム『Variations Sur Le Meme T Aime』(1990年)をリリースし、フランソワーズ・アルディ、ブリジット・バルドー、フランス・ギャル、ジェーン・バーキンという小悪魔の系譜に名を連ねた。

Variations Sur Le Meme T'aime [Analog]
『Variations Sur Le Meme T Aime』(ヴァネッサ・パラディ)

しかし、真の意味で彼女がフレンチ・ロリータとして覚醒したのは、全編英語歌詞でつくられた3rdアルバム『Vanessa Paradis』(1992年)だろう。当時の彼氏であるレニー・クラヴィッツによって設計された精緻なサウンド・プロダクションは、ヴィンテージの匂いが濃厚に漂う、’60sガール・ポップ。

まとわりつくような舌ったらずのロリータ・ヴォイスから、イングリッシュという外国語が発せられた瞬間、非母国語による未完成感と彼女の未成熟感が絶妙なシナジーを生み出し、天衣無縫なポップ・イコンとしての地位を決定的にしたのである。

ブラック・ミュージックをルーツにしたハードロックな仕上がりが、いかにもレニクラらしいM-1『Natural high』、疾走感のあるバンド・サウンドに、パラディの倦怠感に満ちたヴォーカルが絡み付くM-4『Be My Baby』など捨て曲なしのラインナップだが、個人的には本アルバム唯一のカバー曲である、M-2『Waiting for the man』にトドメを刺す。

もちろんコレ、Velvet Undergroundの言わずもがなの名曲。“放蕩三昧を繰り返しているパリの生意気娘が、ニューヨークで知り合ったカレシに待ちぼうけを食らう”というシチェーションが容易に想像できるのがグー。

片手でスネアのみを叩くという超シンプルなドラミング(布団叩きか?)と、まとわりつくかのような幻術的ギターワークが、極上のトリップ感を約束してくれる。

実は彼女、前作の『Variations Sur Le Meme T Aime』でもルー・リードの『Walk on the Wild Side』をカバーしている。倦怠と不条理が渦巻くルー・リードのポスト・パンク・ワールドをパラディの桃色ロリータ・ワールドに吸引してしまうという大胆な企み。

リスナーの僕らは、このアルバムを聴くたびにいつだって微熱モードだ。

DATA
  • アーティスト/Vanessa Paradis
  • 発売年/1992年
  • レーベル/Polydor
PLAY LIST
  1. Natural high
  2. Waiting for the man
  3. Silver and gold
  4. Be my baby
  5. Lonely rainbows
  6. Sunday morning
  7. Your love has got a handle on my mind
  8. Future song
  9. Paradise
  10. Just as long as you are there
  11. Lenny Kravitz

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー