オールタイム邦画ランキング(20位〜11位)

竹島ルイの独断と偏見によるオールタイムの邦画ランキングです。ランキングは常に暫定的なので、明日にも変わるかもしれません。悪しからず。

20位 砂の女(1964年/日本/勅使河原宏)

19位 椿三十郎(1962年/日本/黒澤明)

『用心棒』が冬の感じの狂想曲なら、『椿三十郎』はおおらかな春の感じの優雅な円舞曲。とにかく観客を飽きさせないスピードと、練り込まれたキャラクター・メイキングによって、エンターテイメントであらんとする痛快作。
レビューを読む

18位 CURE(1997年/日本/黒沢清)

17位 天空の城ラピュタ(1986年/日本/宮崎駿)

16位 東京オリンピック(1965年/日本/市川崑)

15位 12人の優しい日本人(1991年/日本/中原俊)

パロディ作品は数あれど、オリジナルを比肩するほどの傑作になってしまった例というのは、あまり記憶にない。三谷幸喜の脚本も見事だが、その空気感を描き切った中原俊もグッジョブ。
レビューを読む

14位 Love Letter(1995年/日本/岩井俊二)

僕らが十代だった頃にしか感じ得ない空気。文科系青春を鋭利なナイフで切り取る、岩井俊二の静謐な筆致。モダンな小樽の町並みが、その感覚を増幅させる。全ての文科系少年・少女に捧げられた、奇跡のように美しいラブストーリー。
レビューを読む

13位 機動警察パトレイバー2(1993年/日本/押井守)

舌鋒鋭い優れた批評家でもある押井守が、平和ボケした我々に強烈なカウンターパンチを浴びせる問題作。クーデターで東京が崩壊していく描写は、今観ても生々しいリアリティをたたえている。
レビューを読む

12位 キッズ・リターン(1996年/日本/北野武)

バイク事故によって生死の境を彷徨った北野武が、忌まわしき己の十字架と正対するために撮りあげた復帰第一作。「まだ始まっちゃいねぇよ」は、今でも自分を鼓舞するために使ってしまう名セリフ。
レビューを読む

11位 砂の器(1974年/日本/野村芳太郎)

松本清張をして「原作を上回る出来」と激ホメさせた傑作。僕もこの映画は何度も見返しましたが、加藤嘉が「こんな人、知らね!」と絶叫する場面はいつ観ても胸に迫るものがあります。
レビューを読む

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー