オールタイム洋画ランキング(10位〜1位)

竹島ルイの独断と偏見によるオールタイムの洋画ランキングです。ランキングは常に暫定的なので、明日にも変わるかもしれません。悪しからず。

10位 北北西に進路を取れ(1959年/アメリカ/アルフレッド・ヒッチコック)

『三十九夜』や『海外特派員』といったヒッチお得意の巻き込まれ型サスぺンスを、スケールを拡大させて自己模倣した、サスペンス映画の古典。
レビューを読む

9位 鏡(1975年/ソ連/アンドレイ・タルコフスキー)

8位 ミツバチのささやき(1972年/スペイン/ビクトル・エリセ)

この映画には、精霊的なものを喚起させる力がある。果てしなく続く空間と時間は、心を揺さぶられるほどポエティック。寡作の作家ビクトル・エリセによる、慎ましやかな傑作。
レビューを読む

7位 スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年/アメリカ/ジョージ・ルーカス)

6位 モダンタイムス(1936年/アメリカ/チャールズ・チャップリン)

5位 ジョーズ(1975年/アメリカ/スティーヴン・スピルバーグ)

20代にしてスティーヴン・スピルバーグがハリウッドの頂点に鎮座していることを高らかに宣言した、歴史の転換点。
レビューを読む

4位 十二人の怒れる男(1957年/アメリカ/シドニー・ルメット)

民主主義とは、多数の意見に従うことではなく少数の意見に耳を傾けること。本当の民主主義を問いかける、“アメリカの良心”的作品。
レビューを読む

3位 2001年宇宙の旅(1968年/アメリカ/スタンリー・キューブリック)

難解さを享受し、ただただ圧倒されよ。スタンリー・キューブリックが紡ぐ、究極の“センス・オブ・ワンダー”。
レビューを読む

2位 ピクニック at ハンギングロック(1975年/オーストラリア/ピーター・ウェアー)

1900年に起きた実話を元に、オーストラリア出身の奇才ピーター・ウィアー監督が映像化。出口の見えないラビリンスのような、純然たる神秘のみが素描されている。
レビューを読む

1位 未知との遭遇(1977年/アメリカ/スティーヴン・スピルバーグ)

巨大なマザーシップがデビルズ・タワー上空で反転するシーンだけでも、本作は映画史上に残る傑作になっただろう。少なくとも僕にとって、この作品は単なる鑑賞行為ではなく、一種の“体験”だった。
レビューを読む

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー