オールタイム邦画ランキング(10位〜1位)

竹島ルイの独断と偏見によるオールタイムの邦画ランキングです。ランキングは常に暫定的なので、明日にも変わるかもしれません。悪しからず。

10位 新幹線大爆破(1975年/日本/佐藤純彌)

重厚な人間ドラマと計算しつくされたサスペンスが融合した、世界に恥じないメイド・イン・ジャパンのアクションムービー。

レビューを読む

9位 銀河鉄道の夜(1985年/日本/杉井ギサブロー)

8位 その男、凶暴につき(1989年/日本/北野武)

降板してしまった深作欣二の代打で、主演のみならず演出も手掛けることになった北野武が、いきなりその天才性を発揮してしまったハードボイルド・アクション。いまだにこの処女作を超えるキタノ映画は現れていない。

7位 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(1993年/日本/岩井俊二)

岩井俊二が、「遠い日の記憶」という魔法で不特定大多数の共通の記憶を呼び起こした、青春映画の金字塔。この作品がなければ『Love Lettr』も『スワロウテイル』もなかった。

レビューを読む

6位 犬神家の一族(1976年/日本/市川崑)

市川崑が、ミステリーには不可欠ともいえる「説明」を削ぎ落とし、細かなカット割り、スプリットスクリーン、ストップモーションの多用、クールなタイポグラフィーが画面に踊る、ポップな映像絵巻として成立させてしまった、横溝映画の最高峰。

レビューを読む

5位 東京物語(1953年/日本/小津安二郎)

核家族化による親子の問題、そして高齢化の問題というテーマを、冷徹な眼差しで残酷に暴きだす。もはや家族という共同体は幻想でしかないという、ホラー的着地に身震いする名作中の名作。

レビューを読む

4位 ルパン三世 カリオストロの城(1979年/日本/宮崎駿)

ハードボイルドタッチの大人のアニメだった『ルパン三世』を、ロマンシチズム溢れる冒険活劇にリブートした、宮崎駿の劇場用映画処女作にして、アニメーション映画史上屈指の傑作。

レビューを読む

3位 ゆきゆきて、神軍(1987年/日本/原一男)

強烈な個性を持った被写体を、同じくらい強烈な個性を持った監督が執拗につきつめて撮りあげた、驚天動地のドキュメント。

レビューを読む

2位 ツィゴイネルワイゼン(1980年/日本/鈴木清順)

「訳の分からない映画をつくる」という、物凄い理由で日活を解雇された鈴木清順が、長い雌伏の時を経て発表した怪作。幽玄の美学を思わせる独特の様式美をたたえながらも、文体はあくまでコンテンポラリー。最高にヒップな白昼夢ムービー!

レビューを読む

1位 天国と地獄(1963年/日本/黒澤明)

エド・マクベインの原作を元に創り上げた、サスペンス映画の頂点。前半部分を、三船敏郎演じる権藤の邸宅を舞台にした密室劇に仕立ててしまう着想が素晴らしい。水を漏らさぬ緻密な脚本には、何度見返してもため息。

レビューを読む

アーカイブ

メタ情報

最近の投稿

最近のコメント

カテゴリー